文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 336

●邪道と正道

 コーヒーを飲むと思い出すあのころ。
 高校のお昼、いつも缶コーヒーで
ブロック栄養食を食べている男の子がいた。
「それで、飽きないの?」
 友達が訊くと、
「飽き飽きだ」
 微妙な顔で笑った。それからコーヒー談義。
「なんでいつも同じコーヒーなの?」
「これが一番甘くてうまいんだ」
 飲みかけの缶をゆする。
「コーヒー好きなら、豆あげよっか? 
このまえ貰ったいいのが余ってるし」
「いや、いいよ。コーヒーなんてインスタントでいい。
それよりなにより、やっぱ乳飲料じゃなきゃな」
 へええ、コーヒー好きな人はやっぱりブラックで飲むんだ……。
感心するわたしの横で、
「それ、コーヒーじゃないって」
 友達の突っ込み。

「え?」
「甘い上に牛乳ってコーヒー牛乳じゃないの。そんなの邪道~」
 ああ~、乳飲料。乳飲料だったんだ。
 すると彼はにこりと笑みを見せて、
「豆の煎り方に挽き方。ぬるいお湯で出すとか、
他に何もいれずに飲むとか。うまくも何ともないもの、
正道だからって飲むまでもない」
 そして缶をつかむと、
「たとえ邪道だのなんだの言われても、おれは一番うまく飲む。
だから、おれのコーヒーはこれでいい」
 おいしそうに缶を傾けた。
 それがなんだか彼らしく。
ちょっと笑って、それにちょっとうらやましくなった。

テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/364-ff220271
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。