文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 338

●よろづ相談

 相談すると悩みが消えると有名な老女の元に、一人の女の子が訪れた。
 制服をきちんと着、おとなしくおちついた容貌のその子は、
学校で自分の身に起きていることを話し、
こみあげる感情を押さえきれずに涙した。
 老女はやわらかくうなづきながら話を促し、
そして少女が話し終えると、言った。

「あなたは、何をしに来たの?」
 少女はとまどう様子を見せ、それでも口にする。
「このままなのは嫌なんです。
もしわたしが変わって何かが変わるなら、
わたしはその方法を知りたいんです」
 老女は悲しげな瞳で首を振ると、言った。
「ねえ、バカは死ななきゃ治らないって言葉、知ってる?」
「わたし……やっぱり、死ぬべきなんですか」
「とんでもない」
 彼女は言い、
「あなたは何も変わる必要なんてない。
真に変わるべき、そして真に病んでいるのは、
周りにさんざん毒をまきちらしながら自分は一切気にしない、
彼らなのだから」
 そして目を見て、言った。
「これから一週間。それを過ぎてもなにもかわらないなら、
またいらっしゃい」
 少女は期待が裏切られたことにうなだれながら帰途に着いた。

 だがそれから一週間後、またやってきた少女の顔は晴れやかだった。
「どうだったの?」
 老女が訊ねると、
「あの人たちがいなくなったんです。
教室の雰囲気もよくなりました」
 少女は本来のものであろう笑みをあふれさせながら答える。
「そう、よかった。
周りが変わるだけで悩みがなくなることってあるものね」
 老女はそう言って、静かにほほ笑んだ。

テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/366-89cd9d42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。