文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 347

●魂砕き

 その漢字の書き取り問題を見たとき、
彼は大好きな祖父のことを思い出した。
「しいっ」
 夜の縁側、月明かりの下。
やさしげな笑みでしわしわの指を口に当て、耳を澄ますしぐさ。
 少年もそれにならうと、彼の祖父は言う。
「さあ、何が聞こえる?」
 リーリー。
 ざわざわ。
 ちりりん。
「いろんな音」
 少年が口にすると、その頭を撫でて、
「そうだろう。それが秋のおとづれ。
何でもいきなりやって来ると、誰だって驚く。
だから季節だって来る前にいろんな音を連れてきて、
今から行きますよ、これからやってきますよと教えてくれるし、
人をたずねるときは入り口の前でセキをしたり、
戸をたたいたりして教えるのが礼儀なんだ。
それが、おとづれを『音を連れる』と書いてきた、
この国の魂なんだよ」

 そこで彼は空欄に誇らしくその文字を書いたが、
手元に戻ってきた紙を見た彼の目に入ったのは
赤々とついた×印。そしてその横のこんな文章だった。
『機械での変換は間違っていることがよくあります。
丸呑みにせずに、自分で辞書を引いて正しい漢字を覚えましょう』


テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/375-bedda4c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。