文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 354

●ボクの世界

 卒業して十年、くらいだろうか。はじめての中学校の同窓会があった。
「よう」
「いよう」
 まずは集合場所の学校の校庭でかつての悪友たちと軽く挨拶。
固まってあたりをみまわしてみた。
 あたりにいるのといえば、
なんだかどこかくたびれたような男連中と、
茶色や金色に抜いた髪を肩辺りでばさばさに切った、
おそろいの女連中。あんな風になったら、
いったいだれがだれなのかすら見分けがつかない。
何をどうしたら、みんなこんなになってしまうんだろう。

 ……と、
「ひさしぶり」
 後ろから小さく声をかけられた。
「ああ、うわ、ひさしぶり」
 振り向くと、そこには昔の面影を残す顔があった。
 はにかむ笑顔、長い黒髪、質素な服装。
「むかしから髪そんなだっけ?」
 意外そうな顔。
「ううん、すこし前から伸ばしてる」
「へええ、ずいぶんきれいになったな」
「えっ?」
「だってさ」
 おれはちょっと顔を寄せて、声をひそめる。
「ほかの奴らなんてみんなあんなかっこだし、
化粧もけばいしさ、だれがだれかだってわからないのに。
それに比べたって、なんだかすごく、きれいだ」
「ええ? あはは……」
 困ったように小さく笑った。
 そこへ、
「そろそろ飲み屋に動くってよ」
 後ろから声がかかり、おれはいったん悪友たちのところへ戻る。

「なーんかさぁ」
 歩きながら友人の一人が言った。
「今を見てみたい女は来てないし、
来てるのはたいしたことないのばっかりだな」
「そうでもないよ」
 おれは言う。
「まさかあんなになってるなんてなあ」
 おれの方を見る悪友たち。
「もしかして、さっき話してたあいつか?」
「ああ。ずいぶんきれいになってたよな」
 思い出しながらうなづくと、
「あんな地味なのが?」
 二人から同時に言われた。

テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/382-89342660
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。