文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 374

●道案内

「ねえ、君たち。ちょっと道を教えて欲しいんだけど」
 学校からの帰り道、すこし季節外れに
コートを着た男に声をかけられた。
「待って」
 わたしは手を出し、男をその場に止めると、
純粋な友達にはここからすこし離れているように言った。
 友達がよくわからない顔をしながら歩いていくのを見て、
わたしはコートからすね毛のもじゃもじゃした足を
のぞかせる男に向き直る。

「ねえ、おじさん、知ってる? 
荒い馬って去勢したらおとなしくなるんだって」
 とりあえず顔だけ笑顔をとりつくろって、
「はい、で、どこまでの道を教えて欲しいわけ? 
さっきからコートから出そうとしてるのは、
もちろん地図だよね? 
何か違うものでも出したら……そぎ落とすからね」
 わたしはおっさんの目をにらみつけた。
「犯罪者は一度うまくいくとつけあがる。
おじさんにも家族とか、もしかしたらこどもとかが
いたりするんでしょ? 
手遅れにならないうちにここでやめないと、みんなが不幸になるよ」

 わたしが言うと、おっさんは複雑な顔をして、
ぺこりと頭を下げると走り去って行った。
 ほっとして友達のところに戻るわたしに、
「どうしたの?」
 友達はなにもわかってないように訊ねた。
 そこでわたしは一言。
「ちょっと道を教えてきたよ」

テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/402-160f548d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。