文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 384

●フォアグラ

 家庭科教諭兼の栄養士として学校からお呼びがかかり、
まずは学校を見に行った。
 昼休みの教室を覗き込むと、給食を前に教室に残っている生徒が
ぼちぼちといるのに気がつく。
「あれはなんです?」
 訊ねると、
「給食は残さず食べるまで休みは無しにしてるんですよ」

 それから何日か。わたしは調理室を借りて、
先生方に料理を振舞うことにした。
 得意のチャーハンを出すと、先生たちは喜んで食べはじめる。
でも大袋のお米すべてを得意のチャーハンにするまで
ひたすら調理をし、次々に先生たちの前に並べていった。
「先生、さすがに多すぎじゃないですか?」
 食べながらの先生が笑って言うけれど。
「多くても食べられなくても、
食べるまで席からは立たせませんし、この教室からは出しません」
 わたしははっきり言い切った。
 早々にもてあまし始める人、むりやりでも詰め込む人。
それでもしばらく経つ頃には、
だれもがうつろな目で自分の前のお皿を眺めるだけになった。
「どうしました? まだこんなに残ってるじゃないですか」
「どう考えても無理ですよ、こんな量」
 その言葉に、わたしはこぼれてくる冷たい笑みを
隠すことなく口にした。

「いいから食え」

テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/412-fa7b6ed5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。