文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 396

●最後の希望

 街を歩く二人の男性は、
いつしか前に一人の女性が歩いているのに気づいた。
 華奢な骨格、細い腕、低い背。
背筋を伸ばすきれいな歩き、落ち着いた清楚な服、
整った頭骨から流れる黒く長い髪が揺れる。
「すごくかわいいな」
 男が隣をひじでつついてささやいた。
「ああ、顔が見てみたいな」
 相手が答えたとき、後ろで叫び声があがり、前にいた女性が振り向いた。
 その感想。
「……後姿だけはきれいだったのにな」
 片方がもう片方を見ながら言うと、男は目をつぶっている。
「なんだ、見なかったのか?」
 その問いに男は目を開けて答えた。
「未知こそ希望。パンドラの箱は二度目を開けちゃだめなのさ」

テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/424-bdc5aeab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。