文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 410

●ニオイ

 会社の飲み会、大人数のはしっこで
ジュースを飲みながらこっそりお刺身をつまんでいたら、
後ろから肩をつかまれた。
「はい?」
 振り返るわたしの目の前、迫ってくる同じ部署の女性の顔。
「うわぁあ、なんですか、いきなり」
 お箸を落としながらも力の限り顔面に指をかけて押し返す。
 しばらくぎりぎりと押し合いをしていると、
ようやくあきらめたようにふらりと立ち上がって歩き出した。

「あ~、もったいない」
 横から別の女の子。
「先輩にキスされると、好きな人とカップルになれるって伝説なのに」
「ええ?」
 見ていると、ふらふら歩くその酔っ払いは
狙いを定めたように急降下して、女の子と唇を重ねた。
 意外と伝説がきいているのか、
それとも相手も酔っているのか、
嫌がっている様子はないみたいだった。

 ほっぺにキスする人、口にキスする人。
何人か眺めていてふとひらめいた。
「なあんだ、そういうことかぁ」
「えっ?」
「ただのキス魔に見えて意外と冷静だよ、あの酔っ払い」
 あの人とキスするからカップルになるんじゃない。
あの人がキスするのが、かわいい子だけなんだ。
 なんとなく同類のニオイがしたけど、
わたしは黙ってジュースを飲んだ。

テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/438-3846e835
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。