文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 426

●道が違えば

「じいさんすっかりボケちゃってたな」
 病院から出てきた若い夫婦の片方が口を開くと、
「おばあさんも大変だね」
 もう片方が応えた。
 それからすこし何も言わずに歩き、男性が訊ねる。
「なあ、もしぼくがあんなふうになったら、どうする?」
「うーん」
 女性はすこし考える気配を見せて、
「あんなふうにできるかはわからないけど、ちゃんと介護するよ」
「それは、なんで?」
「え?」

 彼は真剣な目で彼女を見て、
「そこにいるのは、ほんとうにぼくなのか? 
ぼくをぼくでいさせるなにかがなくなって、
そこにいるのはぼくの形をしただけの別なものなのに、
それでも介護できるのはなんでだ?」
「だって、どんなになってもあなたはあなたじゃないの?」
「違うよ。ぼくはぼくが思うところにおいてのみ、
ぼくでいられる。そんな魂を失っても体だけあれば、
それがぼくになるわけ? ……なんだかすごくうさんくさい」
 その言葉に彼女はすこし眉を寄せる。

「寝てたって酔っ払ってたって正体をなくしてたって、
あなたはあなたでしょ? 
そのときは知らない人みたいに接して、
しらふではっきりしたら突然愛しだすなんて、
そっちのほうがうさんくさいと思わない?」
「うーん、そう言われればそうかなあ」
「じゃあ、逆にわたしがぼけたら? 
あなたの知るわたしがいなくなった、
壊れたって嘆いて見ないように目をそむける?」
 夫は言葉を失って、それからため息まじりに口を開いた。
「なんか……将来を思うとろくでもない気分になるな」
「そんなもの。そのうちいろいろあきらめていって、
結局することをするようになるのが人生かもね」
 ふたりあきらめたように笑って手をつないだ。


テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/454-5265c458
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。