文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 427

●密かな自信

 大学でコンパに誘われ、断りきれずに出席した。
 でも所詮数合わせ。真ん中でちやほやされる子とうらはらに、
わたしともうひとりはひっそりと端で咲いている。
「あいかわらずすごいよねえ、あの子」
 そこらへんにある適当なものをつまみながら横の子に声をかけた。
「人生で一度くらい、もててみたいなあ」
 するとその子は顔を上げ、
「ん~、わたしはいいかな」
 小さく眉を寄せて笑った。

「なんで?」
「だって……。もてるってなに? 
たくさんの人にもてはやされること?」
「まあ、そだね」
「なら、何も言われなくても、
ずっとそうだって気づかなくても。
ひとりにだけでも深く思われていたら――
そっちのほうが、わたしは嬉しい」
 そういって目を細めて優しげな顔でほほえんだ。
「え? じゃあ、もしかして?」
 訊くと、はにかみを浮かべるその子。
「いいなあ、うらやまし~」
 自分の身をかえりみて、わたしはちょっぴりため息をついた。


テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/455-79db04c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。