文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 428

●恋のマホウ

「これ、サイズ違いありますか?」
 高くない服屋さんでぶらぶら見てたら、
向こうから友達っぽい声が聞こえた。
 のぞいてみるとやっぱり友達。
そばには初めて見る、彼氏らしい人。
 とりあえず二人そろっているところを
こっそりカメラに収めてようすをうかがっていると、
モノに満足したらしい彼氏がレジに向かい、友達はその場に残った。

 そこで彼氏を見送る友達の後ろから忍び寄り、声をかける。
「店員に声かけるところなんて、はじめて見たよ。あと彼氏の顔もね」
 友達は跳ね上がるほど驚いて、
「な、なんで?」
 慌てた顔でわたしに振り向いた。
「偶然、ぐうぜん」
 手を振って落ち着かせ、あらためて驚きを口にする。
「めずらしいね、自分から声かけるなんて。
いつも置いてなかったら別にいいとか言って諦めちゃうのに」
 そしてわたしが声かけるのに。

「え? あ、うーん」
 まだどこかあわあわしながら、
「彼もね、あれば欲しいって言うのに、
自分のだと訊いてまではいらないって言うんだ」
「で、代わりに声をかけてる、と」
 訊くと困った顔で薄く笑いながら、
「なんかね、なんだかよくわかんないけど……
自分のじゃないと、だいじょうぶみたい」
 そう言って目をほそめる友達に、微妙な嬉しさと寂しさを感じて。
「大事な人のためにだけ出せる勇気、かぁ」
 つぶやきながら、心で泣いた。


テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/456-1df58c0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。