文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 436

●変愛

「ほら、そんな顔しないで」
 大好きな人がわたしの顔をほぐし、その胸に抱きしめた。
わたしの世界があったかでやわらかで、いいにおいに包まれる。
「なんでわたし、こんなに背が低いんだろ」
 ずっとこの背がいやだった。
いままで何度もからかわれたし、悪意も無く侮辱されることもしばしば。
「なあに? また何か言われたの?」
 優しい手がわたしの頭をさらさらと撫で、
穏やかな声が体を伝わる振動となってわたしの中に入ってくる。
「わたしももっと大きくなりたい」
「ふふふ。でもそしたら、こんな風にできなくなるよ」
 すこしいたずらっぽい言葉と一緒に、わたしをぎゅうっと抱きしめた。

「どんなになってもかわいいけど、小さいほうがもっとかわいい」
 頭に頬をかさねながら、その手が髪をくしゃくしゃと乱す。
「うう……。なんだかちっちゃくてよかった気がしてくる」
 最近のわたしは変だ。あんなに嫌だったはずなのに、
言われるたびに本当に小さくても良かったなんて思い始めている。
「でも、おっきいのもいいと思う」
 顔をすりつけながら言うと、
「……うん」
 甘い声が響いた。
「変だね。昔はこんな無駄に大きいの、すごく嫌だったのに。
今は……こんな風にできるなら、それもいいなって思ってる」
「変じゃないよ」
 わたしは言った。
「きっと、変じゃない」


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/464-594e3935
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。