文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 442

●現実派

 遠く海を見渡せる崖の上、
車から降りた家族三人が潮風に吹かれながら
青色をそれぞれの瞳に写していた。
「あぶないからこれ以上先に行っちゃだめだぞ」
 父親が言うと、少女はいたずらな光をその目に浮かべ、訊ねた。
「ねえ、もしわたしとおかあさんが一緒に落ちそうになって、
どっちかしか助けられないとしたら、どうする?」
 妻と娘に見つめられながら、彼は真剣に考えて口を開いた。
「そうだな……。たぶん、両方助けようとして
自分も一緒に落ちちゃうだろうな。
いや、それよりも、きっとそんな状況だったら
何もできずに呆然としてる間に二人ともいなくなってると思う。
そして自分に嫌気が差して、自分も飛び降りようとする、かな。
でもするだけでおじけづいて、どうせ何もできずに引き返して、
後悔に苛まれながら一生を送る気がする」

テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/470-904013a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。