文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 444

●ひっさつわざ

 川原で二人のこどもがキャッチボールをしていた。
 最初はただ投げあうだけだったが、
興が乗ってくるうち、一人が大きく振りかぶって叫んだ。
「くらえ、ひっさつ! 消える魔球!」
 投げたボールは相手の前で地面を叩き、跳ね返って相手の胸倉を直撃。
 あたったこどもは急に血の気を失い、顔面から地面に倒れた。
 周りの人間の助けもあってすぐに救急車が呼ばれたが、
こどもはその後死亡が確認された。

 そして、夜。
 ボールを投げたこどもの家に、
こどもを失った母親がやってきて、その子と向かい合うと、言った。
「どうしてうちの子を殺さなきゃいけなかったの?」
「ち、ちがうよ。ぼくたちはただキャッチボールをしてて……」
 母親は冷たい目をこどもに向け、
「聴いたんだよ。あんたがひっさつとか言って、
あの子を殺そうとボール投げたって」
「ちがう。そんなつもりじゃ……」
「じゃあ、なんであんなこと言ったの。
ひっさつって。必ず殺すって。最初から殺すつもりだったんでしょ?」
 がたがたと震え出すこどもの体。その母親は呪うように叫んだ。
「いまはこどもだからって許されるかもしれないけど、
わたしは絶対許さない。あんたはわたしのこどもを
殺そうとして殺した、残虐非道な殺人者なんだ!」


テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/472-795374a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。