文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 447

●夢のその先

 ずっと胸に感じていた熱いもの、
いつか何かをやらなければいけないという疼き。
 ――だが、何を?
 それはわからない。でも、なにかをしなければ
いけないことだけはわかっていた。
 したい、知りたい、はやく見つけたい。
その想い以外ものもはすべて邪魔だった。
 何年も何年も回り道をし、ばかみたいにさまよって、
そして、ようやく見つけた。
 おれがすること、すべきこと。おれのたどり着く場所。

 夢中だった。夢中で水をかいた。
 ずっと持ち続けたいらだちやとあせり、
それらがすべて洗い流されていくのがわかる。
 はげしい流れも気にしない。どんなに妨げられたって、おれはやる。
 そうだ、おれはこれから、ずっともってたあせりの先に行く。
 体はどんどん疲れていくが、なにか別のもの満たされていく気がする。
 口は体力の限界にあえぐが、胸は期待にはじけるばかり。
 何かは知らないが、こころが感じる。
この先、このすぐ先に、おれが求めてやまなかったものがあるんだ!
 そして、そこが、もう口と目の先に……。

 ――ああ、やった。おれはとうとう――。


「あ、サケー!」
 橋の下を見て、幼いこどもが声をあげた。
 その体を高く支える老人は、
はしゃぐこどもをまぶしく見ながら語った。
「ああ。サケたちは川から海へと出て、
長い時間をかけて体力をたくわえて大きくなると、
海からまた生まれた川へ帰ってくる。
ただ、たまごのために。そしてとりつかれたように川を上り、
次の生命をつなぐと――」
 みなもを乱す命の躍動に目を細め、おだやかな言葉。
「役目を終えて、死んでしまうんだよ」

テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/475-b52c53ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。