文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 477

●ケセナイ

「もう妊娠25週くらいです。堕胎することはできません」
 医者は女性に言った。
「どうして!」
 女性は叫ぶ。
「政府なんて一度できた技術を封印しようとするじゃない。
それにくらべたらこどもをなかったことにするなんて簡単でしょ?」
 その言葉に医者は首を振り、
「だから技術は見た目だけ見えない場所にもぐり、
人クローンにしても陰で行われているのですよ。
できたものは消せない、その上でどう統制するのかが
本当は大事なんです」
「きれいごとはいいから、おろしてよ。
あたしこどもなんていらないよ」
「そこでおろしたとして。こどもの存在が無になっても、
『殺した』という歴史が残ります。
それすらもなくしたいと言うのなら、
あなたも陰に入るだけです。ただ――」
 医者はかつて見た悲惨な女性たちを思い出しながら、言った。
「莫大なお金をかけながら、
二度とこどもの埋めない体になるかもしれないし、
手術で自分の命も失うかもしれません。
大きな傷が残るかもしれないし、
その場所から無事に帰って来られないかもしれませんが」
「もっとなんとかならないの?」
 その言葉に首を振り、
「それが目に触れさせたくないものを地下に押し込めた結果です。
危ないものほど日のあたる場所、
風通しのいい場所に置かなくてはいけなかったのに」
 医者は大きくため息をついた。


テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/505-efc852b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。