文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 488

●赤い女の子

 おとなりのおねえちゃんのうちでおやつを食べていたら、
鼻のあたりがむずっとして何か抜けていく感じがした。
「あ……」
 ばだばだばだっ。
 見るあいだにテーブルの上にたくさんの血が落ちた。
 ティッシュ、ティッシュ……!
 探そうとして振り向いたらまた落ちそうになって、
あわてて手をあてると手のひらに赤い雫が何個もおちた。
それに、服にも。
 ティッシュは全然見つからないし、
こぼれそうになって手を代えても足りないくらいどんどん出てくる。

「おねーちゃぁん……」
 こぼさないように気をつけながら廊下に出て台所へ。
「おねーちゃあぁん」
 いなくて戻っていると、
「どうしたの?」
 トイレから、声。
 ようやくすこしほっとして、
「どうしよう、血、出た。服も汚れちゃった……」
 赤黒く染まる手、血に浸る服に泣きたくなっていると、
「おめでとう」
 ドアの向こうから嬉しそうな声。
「え? なんで?」
 ききかえすと、
「女の子はそうやってきれいになっていくんだよ」
 ……鼻血まみれで?

「ちょっと驚いたかもしれないけど、だいじょうぶ。
女の子ならたいてい経験することだからね」
 それって、もしかして?
「あ、違うよ~」
 水の音がして、開いた扉の向こうにおねえちゃんの姿。
「え、なに? どうしたの!?」
 わたしを見るまで柔らかに笑っていた顔が驚きに変わる。
「はなぢ出た~」
 するとなんだか複雑な顔で笑って、白い指でわたしの鼻を押さえた。


「ごめんね、勘違いで」
 洗濯機から戻ってきたおねえちゃんが照れ笑いでわたしの横に座る。
 おねえちゃんのいいにおい。わたしを包むぶかぶかの服と同じにおい。
「ん~ん」
 そっとよりかかると、わたしの頭をあたたかい手が優しく撫でた。
 おねえちゃんが言ったみたいなのが
いつの日にわたしに来るかはわからないけど、
たぶんその日が来てもきっとだいじょうぶだと、なぜだかそう思った。


テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/516-0796ec3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。