文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 495

●不等比数列

 今日は友達と街を歩きながら、明日のための大事な買い物。
「ねえ、彼って結構年離れてるんでしょ?」
 ちょっと面白そうなものを見るわたしに友達の声。
「うん」
「明日で何歳になるの?」
「えへへ~、わたしのちょうど倍」
「じゃ、四十二歳!? ええ~、見えない見えない。若いね」
「ふふふふ。でしょ?」
 それにどんなに年が離れてたって、お互いの心はいつだって近いんだ。


「って、昨日言われたんだぁ」
 先生の……ううん、わたしの大切な人の家。
一緒にケーキを食べながら報告すると、
「ちょっと待って」
 フォークを置いて、わたしを見つめた。
「だれが四十二歳だって?」
「え? 先生」
「いつのまにそんなに年とったんだ」
 がっくりと肩を落とす。
「ええ? だって先生、いつか……。
そだ、あのとき、言ったでしょ? 
『ぼくは君から見たらおじさんだろ? 年だって君のちょうど倍』って」
 するとあきれたような、かなしいようなため息をついて。
「それは、君が十四歳のとき限定だ……」


テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/523-6c81cb38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。