文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 500

●魔法の杖

 舞台裏に息をひそめるわたし。
 壁や暑いカーテンをくぐって、
こもったマイクの声が微妙に響いてきていた。
 バチバチバチバチ。
 声がやむと拍手の音。
 知らない制服の人が階段を降りてくると、
わたしの隣の男の子が立ち上がった。

「緊張するなよ、がんばれ」
 その子の顧問の先生っぽいヒゲの人が肩を叩く。
 でも男の子はぎくしゃくと階段を上っていき、スピーチがはじまった。
 緊張するから他人のは聞かないでいようと思うのに、
どうしても耳に入ってきてしまう。……ぼろぼろの話が。
 そこかしこでつっかえつっかえ、
話の間にも『あー』とか『うー』とか聞き苦しいつなぎが大量に。
 でも、あれは何分か後のわたしの姿なのかもしれない。
 ああ~、やだよぅ。あんなところで見世物になるなんて。
こんな大勢の前で恥かくなんて思ったら、
なんだかおしっこもれちゃいそう。
「あ、どこ行くんだ? もう次だぞ」
 付き添いの先生が言う。
「トイレです、トイレ」

 逃げるようにトイレに向かうと、その前に知ってる姿があった。
「あ……先生」
 前に教育実習でうちのクラスに来たひと。
「ほんとに来てくれたの?」
「もちろん。かわいい元教え子の晴れ舞台だもんね」
 にこっと笑う顔になんだかとても切なくなって。
「でも、来なかったほうがよかったかも知れない。
わたしきっと失敗するよ。もうこのまま帰っちゃいたい」
 すると先生はわたしを体に引き寄せて、
「なーに言ってるの。だいじょうぶだよ」
 頭を撫でながら言った。
「今までどんなことした? いっぱい練習したんでしょ?」
「うん」
「ならだいじょうぶ。そんなにがんばったんだもん、
できないわけがないじゃない」
「……そかな」
「そうだよ、そう。わたしが保証する」
 わたしはぷっと噴き出して、一歩後ろに下がる。
「先生、意外とうそつきだよね」
 すると先生はすこし驚いた顔をして、いたずらっぽく笑った。
「でもわたし、信じちゃうよ?」
「うん」
「じゃ、行くね」
 後ろを向きかけると、
「あれ? トイレは?」
「ひっこんじゃった」
 くすくすと楽しそうに息をこぼして、
「じゃあ、行ってらっしゃい」
 柔らかな声でわたしを押した。
 わたしは精一杯の笑みで応える。
「行ってきます!」


テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/528-d5382640
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。