文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 502

●闘士

 学校の教育実習で幼稚園へ。何日かして慣れてきたころ、
他の実習生の子に男の子が言うのが聞こえた。
「せんせー、大きくなったらボクのおよめさんにしてあげる!」
 ふふふ、かわいいなあ。
「『してあげる』?」
 でも、その子は。今までのにこやかな笑顔を一変、
相手を射殺すくらいの視線を射かけて低い声で口にした。
「それを言うなら『なってください』でしょ? 
甲斐性なしの被扶養家族の未成年のくせに一人前に色気づいて。
こどものくせに男だとそんなに偉いわけ?」
「ちょっ、ちょっと……! まだこどもだよ。そんな言いかた」
 思わず止めに入ると、わたしにはいつもの顔で振り向いて、
「あ、そうですね。ごめんなさい」
 そして男の子の頭に手を置いた。
「ごめんね、ちょっと気に障っちゃった」
 撫でると思わせておいて、指先が白くなっていく。
「もしキミが将来まっとうな手段で大金持ちになって、
わたしの生活も老後も何の心配も無く
送らせてくれるようになったら……
そのときはお婿さんにして『あげる』のも考えたっていいよ」


テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/530-9ba4734c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。