文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 518

●初心者向け主人公

 彼は優しくて、まじめで、なによりわたしを大事にしてくれた。
 ほとんどのところに不満はなかったけど、
いつも持っている重たそうなバックパックが気になってしかたなかった。
 デートのときくらい、ハンカチとかティッシュとか。
使うものだけ持って、あとはわたしが貸すから身軽でいてほしいのに。
 そしてある日のこと。奮発した彼が誘ってくれた
豪華客船での旅は――船の沈没という最悪の結果で幕を閉じた。

「ん……」

 ざざーん、ざざーん。
 目を開けると、あたり一面から波の音。
体がつめたくて思わず身震いした。
 体を起こして見渡せば、海と、砂浜。
それと、わたしのそばに見覚えのあるバッグ。
 ――彼のだ。

 もしかしたら。
 わたしは思う。
 ここは無人島で、生き残ったのはわたしひとり?
 不思議と、なにも感じなかった。
とりあえずわたしは生き延びなくてはいけない。
 その思いだけがわたしを動かした。
 おねがい、力を貸して――。
 彼のかばんに手を伸ばし、その口を開ける。
なにか役に立つものが入っていればいいのだけれど。
 横の小さな部分には、びしょびしょに濡れたティッシュ、
電池がいらないライト、それとツメ切りに……
ロープや小さなカッターナイフ、布きれが入っていた。
 大きなところを開くと入れ物があり、
その中には水でも濡れない包装に入ったブロックの栄養食が二つと、
缶コーヒーが二缶。そして万能ナイフというのだろうか、
たくさんの機能がついたものと、
一か月くらいは持ちそうなかぜ薬と胃腸薬の小瓶、
あとなにかわからない薬、ライター、方位磁石、針と糸、
プラスドライバーとちいさなのこぎり。

「ふ……ふふ……」
 見ていたら、なんだかおかしさと悲しさがこみ上げてきた。
「なんで、こんなのいつも持ってたの……?」
 最後の小さな缶をいじりながら、
海に比べて小さすぎる塩水にゆがむ視界でつぶやくと、
「なにかあった時のためにさ」
 後ろから声が聞こえた。
 まさか、この声……!
 振り向くと、もう二度と会えないと思った人がそこにいて、
柔らかな笑顔で言った。
「あ、それはここで開けちゃだめ。マッチと火薬だ」


テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/546-4dc6083c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。