文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 523

●絶対真実角度

 星が降ると言われた日。息子を連れて山の上に行った。
 暗さに目をならして降り始めるのを待つ間、
ぼくはそこらへんにある長い枝を拾って空に向かって突き上げ続けた。
「なにやってるの?」
 訊ねる息子に。
「見ていればわかるよ」
 そしてしばらくたったころ、空に一つの星が流れた。
「あ、ほし~」
「見えた? パパの枝が星に当たって、落としちゃったな」
 ぼくが言うと、
「うそだぁ」
 こどもながらにうさんくさそうな目でぼくを見た。
「ほんとだよ。世の中には絶対真実角度というものがあって、
角度さえあえば何だってできるんだ。
こんなちっぽけな枝でも星さえ落とせるんだよ。……ほら!」
 角度を変えながら星に向かって枝を刺せば、
きらりと滑って行く光の筋。
「まだまだいくよ」
 ぼくは調子に乗って星を付き、
息子はそのたびに空から落ちて行く星を驚きに満ちた目で見つめていた。
 ……むふふふ、信じてる信じてる。
これだからこどもに嘘をつくのはやめられない。


 それから三か月後、里帰りしていた妻が娘を産んだ。
 出産間近だと言われて駆けつけたが、いくら待っても産声は聞こえず。
 沈痛な面持ちの医者に許可されて部屋に入ると、
妻は疲れた顔に落胆の色を浮かべて、小さな布を抱えていた。
「赤ちゃん……死んじゃった」
 そっと傾けた中にあるのは、ぎとぎとして
血にまみれた何かできそこないの生き物。
「ほら、見て。あなたの妹になるはずだった子」
 口をとがらせて何を考えているかわからない息子に妻が見せると、
息子は小さな手でさらにちいさな頭に手刀を入れた。
「こ、こら。なにするんだ」
 あわてた瞬間、
「ふぇ……」
 小さな何かの音。
 そして、
「びゃぁああああ! びゃぁああああ!」
 あれほどぐったりしていた生き物が、
赤ん坊のように大きな声をあげて泣き始めた。
 その場にいた人間のだれもが凍りついたように言葉を失い、
ぼくはぶるぶると震える腕をおさえられずに訊ねる。
「いま……何したんだ?」
 息子はにいっと顔いっぱいで笑い、言った。
「ぜったいしんじつかくど!」


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/551-3a4bbdd0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。