文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 524

●白い渇望

 テレビ局が超能力者には莫大な出演料を出すと宣伝し、
募集の日には数多くの有象無象が集まった。
「必要な物があれば言ってください」
 審査員が申し出ると、最初にステージに上がった男はスプーンを求めた。
「これからスプーンを曲げます」
 男は言い、スプーンを持った手に祈るようなかっこうをとる。
 そして何分後かにスプーンの頭は
しおれる花のように曲がってゆき、その頭を床に落とした。
その瞬間、男は一仕事をやりおえたような喜びを顔に映すのだった。
「なるほど。それはわたしにもできますよ」
 審査員は言い、自らもスプーンを一本取ると両手でへし曲げ、
頭をもぎおとして、
「次のかた、どうぞ」

 そこで出てきたのは、手にポラロイドカメラを持った女だった。
「わたしが念をこめて写すと、移るはずの無いものが写ります」
 女は額にカメラをあて、力をいれるようすをしたあと
シャッターをきった。何十秒かして写し出された絵には、
ぼんやりとした光のようなものが写っている。
「なるほど」
 審査員が言うと、そばに置いてあったプリンタから
印刷物が吐き出される。
「これをどうぞ」
 そこに印刷されたのは、目の前の女性の顔だけが宙に浮かんでいるもの。
「それくらい、合成写真でももっといいものができますよ」
 破り捨てて次の人間を呼んだ。しかし次もその次も、
あらわれたのは似たり寄ったりだった。
 そのまま何百人かの審査を続け、
がまんできなくなった審査員は叫んだ。
「壊すだけなら超能力なんてなくてもできる。
だれか、物を生み出すこと、
なにかをなおすことのできる人間はいないのか!」


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/552-30b4564f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。