文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 528

●ボールは契約

 会社の即席メンバーで水球の試合が行われた。
 使うフォーメーションはひとつ。
『販売会社』と名づけたその作戦は
たった一人がボールを奪いに行き、
残りの六人はゴールも放っぽって周りに張り付き、
ボールの動きを追うというものだ。

 そして試合になると、ボールを狙う一人は
水の中の見通しが悪いのをいいことに、
見えないようにありとあらゆる手段を使った。
相手の腹に膝を入れ、急所をけり、時には甘い言葉をささやき、
ボールを手に入れる。
 そのボールを握り締めると、相手ゴールの方に向かって……
「あとは勝手にしろ!」
 叫びながら力一杯放り投げた。
 誰も味方のいない場所に落ちたボールは、やすやすと敵の手に落ちる。
 そんなプレイを繰り返し、試合は負けで終了した。
 水から上がったメンバーたちは憤った顔で、
ボールを奪いに行く役の営業をとりかこみ、叫ぶ。

「なにやってんだよ!」
「ボールをとったからって、遠くに投げればいいってもんじゃないだろ」
「近くてもチームで連携しながら
進めばもっといいところまでいけるんだ」
「取ったところで満足して投げっぱなしにするから、
結局はボールを相手に奪われるんだろ!」
「なりふり構わず汚い手段を使っても
ボールを取ればいいっていう態度はやめろよ」
「みんなが納得できるような形でボールを取れよ」
 だが、あきれたような目の営業は鼻から息をこぼし、
「なに言ってんだよ」
 ほとほとうんざりしたように口にした。
「販売会社だぞ? おれがボールをとらなかったら
おまえらが仕事すらできないのがわかんないのか? 
おれは取る人、おまえら支える人。おわかり?」
 そしてぐるりと顔を見回し、
「おれが取ったボールを投げてやるから、
おまえたちはそれをちゃんとキャッチして
サポートすりゃいいんだよ、このクズども」


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/556-3a7dc86a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。