文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 550

●近くて遠い世界

 友人とふたり、おれの家で適当に遊んでいたら
彼女から電話がかかってきた。
「いまいい?」
「あ、ごめん。いま友達来てるんだ」
「……女の子?」
 ぼそっと低い声で。
「ちがうよ。前話したあいつだよ」
 すると、
「え、うそ! あのモデルの人?」
 驚くべき喜びようで訊ねた。
「ああ、モデラーな」
「友達と一緒にそっち行っていい?」
「まあ、いいけど、なにす」
 言い切る前にも電話が切れた。
「なんだって?」
 横から友達。
「いや、なんか彼女が……。友達連れてこっちに来るって」
「急ぎの用なら帰ろうか?」
「いや? なんか、おまえに会いたがってるみたいだけど」
「ええ?」


 そして彼女とその友達が来た。
「わあ、はじめまして」
 はしゃぎながら挨拶をする二人。
どちらかといえば普通よりすこし上の顔だが、
それほどもてはやすようなものだろうか?
「モデルやってるんですよね」
 言う彼女に、
「うん? モデリング?」
「ショーとか出たことあるんですよね」
「あ、うん」
 めずらしい相手に気おされるように答えるあいつ。
「わあ、すごい。有名なところから声かかったりするんですか?」
「そうだね。最近はようやく断れるくらいに仕事も入るようになったし」
「じゃあもう、ブランドものの仕事だけですか?」
「いや……そうでもないよ。稼げるってほどじゃないけど、
自分のブランドでもちょくちょくやってる」
「すごい! 服も作っちゃうんですか」
「え?」
 え?
 おれとあいつはどちらからということもなく立ち上がり、
彼女たちに背を向けて二人で流しの前に並んだ。
「ま、まずいぞ。あの方たち
なにか激しく勘違いしていらっしゃらないか?」
 限りなく抑えた声でぼそぼそと。
「ああ、どうやらそのようだ」


テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/579-fdb05579
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。