文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 563

●届かない叫び

「ちょっとよりたいところあるんだけど、いい?」
「なーに?」
 休日の街で友達のあとについていくと、向かったのは市役所。
「なにするの? こんなとこで」
「不在者投票」
「へえ~」
 薄暗い安っぽい廊下の奥、小さな一室がその場所のようだった。
 券を持たないわたしは手前で止められ、
しばらくして投票を終えた友達と合流する。
「ねえ、選挙、棄権はよくないよ。
白票でもちゃんと投票すればいいのに」
 彼女は言った。

「棄権してるつもりはないよ」
「どういうこと?」
「選挙に行って白票を入れてくるって、どういう意味?」
 質問に質問で返すと、
「それは……選ぶような人なんていないってこと?」
「でしょ? 選挙制度に基づきながら、
投票に値する人がいないというだけの主張。
でもわたしは違う。今の乱暴な選挙制度自体を認めてないから、
投票しないことで選挙制度への疑問票を投じてるんだ」
 そして彼女に目を合わせ。
「今、選挙に行かない人も少なくなくいるって話だけど、
なんでそれを『棄権』なんて言い方で捨てちゃうの? 
声はなくても沈黙じゃない。選挙自体に対する反抗を、
わたしたちは精一杯叫んでるのに」

テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/592-344997bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。