文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 565

●あたりまえ

 ものを見る、ということを初めて知ったのはいつだったろうか。
 それを思うとき、わたしはいつもあのときの場面を思い出す。

 あれは……わたしがまだ幼かった頃、たしか夕方の公園。
高台の端、柵に浅く腰かける年上の少女を見かけた。
 気にしはじめてからよく見る姿。
次第に興味を抑えきれなくなり、わたしは声をかけた。
「なにしてるの?」
 その声に遠くを見るような頭がついとすべり、
静かな目がわたしをとらえる。
「さあ……。なにもしてないつもりだけど、
なにもしないことをしてたのかもね」
 日を後ろに浴びて陰になる表情。
顔はもう覚えていないけれど、怖いくらいきれいで息を飲んだ。
 そのときわたしはどんな顔をしていたのだろう。
彼女はふっと笑って、
「あえて言うなら、世界を見てた」
 そう言った。

「え?」
「あなたは、この地面は球(きゅう)と書いて
『球い(まるい)』と読むくらい、まるいと思う?」
「え? うん」
「どうして? 見たことあるの?」
「ないけど、でも、だって……スペースシャトルから、
とかもやってたし……」
「ああ。あの映画、見た?」
 薄く、でも楽しげにふわりと笑って。
「映画なの?」
「さあ、知らない。でも、それが作り物じゃないって、
どうして知ってる?」
「え、だって……そしたら他のだってそうじゃない」
「そうだよ」
「えっ?」
「でも、大抵それが本当か、なんて疑わない。
だって『あたりまえ』なんだからね。
自分の目で確かめること、それはとても大切なこと。
自分の目で見たら地球はほんとは板かも知れない。
もしかしたら本当にまるいかも知れない。
でも、まるくたっていい。大切なのは自分の目で確かめたこと、
それ自体なんだから」
 そしてわたしの目を見ると、言った。
「あたりまえだからこそ訊きたいんだ。
あなたの地球はほんとにまるいですか? 
あなたがあたりまえと思っているものは
ほんとにあたりまえですか?」
 わたしはこたえる言葉もなく、ただ、訊いた。
「ほんとは……まるくないの?」
「さあ」
 彼女は口の端、すこし冷たい笑みを浮かべて。
「まるければ端なんてないはずなのにね。
わたしはいつだって世界の隅。世界の果てに追いやられてる」

テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/594-cb8c6d2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。