文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 577

●ひっかけ問題

 なにかの選挙が近づいてきたある日、
だれかが訪ねてきたので出てみると、
たぶんご近所の夫婦だろう二人組みが表に立っていた。
「どうかしました?」
 訊いてみたら、
「投票のお願いに来ました」
 聞きたくもない話を聞かされてみると、
どうやらどこぞの党の人間に入れてくれと言いに来たらしい。
 くだらないのに関わってしまった……。
 さっさと終わらせたくて一計を案じてみる。
「その人、それだけの価値があるんですか?」
 おれは訊ねた。
「もちろんです」
「なら、あなたたちの覚悟を見せてください。
政治だのなんだのはわたしには関係ないんです。
食うことにすら事欠くこの財布に、
いくらか救いをくれればよろこんで投票しますよ」
「でも、それは……」
「できないんですか? 口で言うことはできるけど、
実際自分たちの身を切ることになったら、
とてもじゃないけど応援すらできない、
その程度の人だと思っていいんですよね? 
仲間からもそんな扱いの人にはとても投票なんてできませんよ」
 言うと二人で目を合わせとまどうようすを見せたが、
最後には男のほうがためらいながらも財布を取り出し、
札を二枚ほど抜いて差し出した。
 それに一瞥をくれておれは言う。
「そういう行為、禁止されてるのも知らないんですか? 
票をもらうためには法律さえ無視する、
そんな応援者がいるようじゃ、
その代表もたかが知れてますね。
わたしが投票するに値はしません。もう帰ってください」

テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/607-a13b2bbc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。