文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 580

●ヘタ

 学校からマンションに帰ると、
ちょうどエレベーターにあの子が乗るのが見えて、
おれはあわてて駆け込んだ。
 話したこともそうないし、今もほんの何秒かだけれど、
一緒になれる時間はうれしい。

 ……と。がたんと揺れてエレベーターが止まった。
しばらく待っても動き出す気配もなく、
あの子は振り返っておれを見た。
 ここはいいところを見せなきゃと、
初めて非常用ボタンとやらを堂々と押す。
が。応答はない。微妙な雰囲気が
この小さな箱の中にあふれはじめる。
「まあ、だいじょうぶだよ。たぶん立て込んでるだけで、
異常自体は見えてるはずだから」
 無駄な笑顔を作りながら、ふと思った。

 そうじゃなくて彼女が恐れているのは、
ここでおれとふたりきりになってることじゃないのか?
 そこでおれは無害ぶりをアピールしようと話しかけた。
「ここでぼーっとしてても微妙に不安になるだけだし、
なんか話でもしようか」
 ……と言っても、どんな話があるってんだ。
 瞬間、おれはテストのときにもできないくらいの速さで
過去の記憶をかきあさり、一つの話題を見つけた。
「そうそう、こんな話を聞いたんだけど」
 こほんと咳払いして、話し始める。
「『人喰いエレベーター』」

テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/610-ebfd21bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。