文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 583

●不老長寿

 小学生たちが施設に見学にやってきて、
その説明をわたしがすることになった。
 この群れの中には、将来わたしたちのように
研究者になる子もいれば、水棲生物保護に
お金を出すような子もいるかもしれない。そう思うと自然に力が入る。
「はい、これはオオサンショウウオ。
生きた化石と呼ばれるくらいで、
四百万年も変わらずに生き続けているんですよ」

 うわー。すっげぇ!
 そこかしこからあがる声。幼い顔が知的に輝くのは、
この子たちと同じくらい魅力的だ。
 と、柵のそばにいる二人が真剣な顔で
なにかつぶやきはじめ、思わず耳をそばだてる。
「そうだ……おれを殺せ」
「何を言う、一緒に生きていこうと言ったじゃないか」
 その視線の先には一匹を踏みつけるもう一匹のサンショウウオ。
 どうやらそれにセリフをかぶせているらしい。
「だが、もう疲れたよ。
死んでいないだけのただ生きるためだけの生。
おれたちはなんのために生きつづけてきたというんだ」
「しっかりしろ! 周りが死に絶えたあの惨劇を、
おれたちが語り継がなきゃいけない」

 熱いやりとりとは裏腹に、
いつものようにのっぺりした顔でふわふわ歩く黒い姿。
「しかし、長い年月の間に記憶も薄れた。
環境もすっかり変わってしまったよ。……四百万年は長すぎた」
「ちょっとまって」
 わたしは思わず口をはさみ、背をそらすように二人が見上げた。
「さすがに一匹がそんなに長生きするのは、無理」

テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/613-38a719f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。