文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 589

●判定

 その電車が通過駅にさしかかったとき、
何かを跳ねる音と衝撃が伝わってきたのを運転手は感じた。
 あわててブレーキを引くと、
女性の叫び声のような音を立てて車体は減速していく。
「まさか……! 客をひいたなんてのはやめてくれよ」
 手袋の甲で額をぬぐい、気を静めながら
停車する旨の車内放送を入れ、祈るような気持ちでドアを開けた。
 重い体。しぶしぶ短いはしごを降りていると、
駅員が走ってホームの端まで来て叫んだ。
「だいじょうぶです。ほぼ、だいじょうぶ!」
 それを聞いて、彼は安堵のため息まじりにつぶやく。

「よかった、死んだのは客じゃなかったか」

テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/619-bbf0dc80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。