文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 599

●鬱

「太陽の光というのは非常に強いエネルギーを持っている」
 授業で先生が言った。
「でも地球もたいしたもので、
入ってきたときに30%をまずはじき、
なんだかんだで到達するのは50%程度にまで抑える。
しかも外部からの不快な刺激に対しては
熱を放出して温度があがりすぎないようにしてるんだな。
こうして入る熱と出る熱の収支が合うようになっている。
……ところが」
 かつかつと音を立てながら黒板に絵を描いて、
「地球を覆うものが厚くなると、温暖化がおこりはじめる。
外部からの刺激は地表に達し、地面はそれに熱を出して
対処しようとするが……。でもそれは温室効果ガスのせいで
外に出られず、こもったままとなる。これが初期症状だな。
 それがさらに進むと外からの刺激に対して
反射をすることもできなくなる。今までは温室効果ガスを
放出したり調整したりする機構もあったのが、
温暖化のせいで氷が溶け、木も草も枯れはて、
熱を下げることもできなくなる。
そして今度は内部温度が上がり始めるって感じかな。
外からの刺激があるたびに、反応は外へ向かうのではなく、
中へ向かうようになる。外に出しても無駄だと
わかっているから。そして自分をぼろぼろにと壊していく。
これが中期症状だ。
 そして末期はほとんど、もしくは完全に壊れきる。
もう外部の不快な刺激に対しても
それほどひどい反応は起きない。
逆に、快の刺激にたいしてもあまり反応しない。
すべてがおだやかで死に絶えたような状況」
 そう言ってまた硬い音を立てて黒板に文字を書いた。

  『温室効果ガス』=
  『地球』=

「いいか~、なにも心理の授業で
温暖化の説明をしたいわけじゃない。
地球は人間、もしくはその人のこころだ。
それを温室効果ガス、すなわちあきらめが覆うと、
外部への廃熱、とくに怒りの発露を妨げる。
そしてあきらめは無力感となり、自分を壊す原因となる、
とこういう図式だ。つまり温暖化=『   』。
これはテストに出すから覚えておくといいぞ」

テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/629-2c05c2b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。