文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 658

●プラスマイナス

 大学の冬休み、バイトから帰って部屋にへたり込むと、
突然の訪問者があった。
 扉の向こうにはきちんとした身なりの初老の男。
「探しました」
 と、男は言った。
 扉を開けたおれに弁護士の肩書きがある名詞を差し出し、
「あなたのお父様についてはごぞんじですか?」
「おやじ? おれがこどものころ、
おれと母さんを捨てて出てったってことしか知らないな」
「あなたのお父様は当時から隠れ遺跡の財宝に興味を持ち、
それはそれは熱意をもって読解と発掘にあたりました。
その間、奥さんとお子さんをないがしろにしたこと、
ひどく後悔なさっていたのです」
「……で?」

 そんな言葉にいまさら何の意味がある。
 おやじに捨てられ、苦労の中で死んだ母さん。
おれだっていまだに安アパートで学費を稼ぎながら
薄めた粥をすするような日々。父親がいないこと、
捨てられたことを憎まなかった日はない。
「このたびそのお父様がお亡くなりになり、
遺産の引継ぎ手を探したところ、
存命しておられる方はあなただけだったのです」
「な……っ? まさか、その金が、おれに?」
「ええ、小国の国家予算にも匹敵する額ですよ」
 なんてことだ! おれにもとうとう運が回ってきたのか。
さんざんおれの運命を邪魔し続けてきたおやじが死んでから役にたつなんて。
 とりあえず家に上がってもらおうとしたところ、
男がつぶやくのが聞こえた。
「負の遺産ですけどね」

テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/686-f4e7ce41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。