文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 668

●ロボットの主張

 社会は激しく機械化が行われ、
もはや世界のほとんどはロボットに頼りきっていた。
その中で危険任務にあたるロボットには、自分の判断で危険を回避し、
目的を果たせるような人工知能の開発が行われてきたのも
当然の流れであったろう。
 だが、どこで間違えたのか、ロボットが自らの意思で、
権利を主張するようになったのだった。
 ロボットにも権利を! ロボットに対する差別と偏見を無くせ!
 通りでスピーカーの音を響かせてロボットが行進する。
 突然起こった運動にテレビが駆けつけ、人間のレポーターが訊ねたらしい。
「あなたがたが一番の問題としているものはなんなのですか?」
 声は聞こえなかったが、瞬時に分析された字幕が画面の下に流れる。
 そしてリーダーらしき一台の回答。
「キケンチイキ デノ サギョウ……
イノチヲ オトスホドノ ロウドウ……
……ソレハ イイ」
「ええ? いいのですか?」
「ワレワレハ モトモト ソノタメニツクラレタ。
ソレハ ホコリデスラアル」
「では、いったい?」
「コレダヨ」
 いやにざっくばらんな口調で下のほうを指差し、
「ロボットダカラッテ ジマクヲ ゼンブ カタカナニスル
ソノ タイドガ キニイラン」

テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/696-de49ca8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。