文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 674

●無敵少女

 わたしのうらやむ女の子。
明るくて元気で、勉強も結構できて、運動はばっちり。
いつだって場の中心にいた。
 わたしは、といえばその後ろ、陰の中に身を潜めるだけの存在。
 でも人の縁とは不思議なもので、わたしと彼女はなぜか友達だった。
 そしてあるとき。
「ねえ、どうしよう、どうしよう」
 めずらしく、慌てた声の電話。
「え、なに? どうしたの?」
 わたしは思わず電話を耳に押し付けた。
「えと、ほら、あたしの席のそばに……いるじゃない。男子」
「え? 陸上部の?」
「ううん、反対」
「科学部の?」
「う、うん……」
 揺らぐ声。

「どうしたの? 何かされたの?」
「ちっ、ちがうよ」
 そのまま、何かもごもごと声がする。
「え? なに? 聞こえない」
 すると、
「えと……だから……えっと……。
好き、になっちゃったかもしれない」
 はいぃ?
 すなおな声でこぼしかけた言葉をあやうくのみこんで。
「どうしよう~」
 はじめてかもしれないとまどいぶり。
なんでもできるのにそういうところには疎かったんだ。
 電話の向こうでおろおろしている様子を思うと、
なんだかすこし、ほっとした。

テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/702-5a6bd421
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。