文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 676

●色めがね

 少女が熱心に見入るテレビでは、
リスが秋の森の中を走り回る姿が映っていた。
「リスは冬に備え、どんぐりなどの木の実を小分けにして
色々な場所にしまいますが、そのまま忘れてしまうこともあるのです」
 映像と共に流れる解説に少女は笑い、後ろのかごを覗き込んだ。
「あはは、案外おまぬけだねえ、あんたたち」
 中のリスたちは憤慨して叫ぶ。
「違う! 冬に蓄えが足りなくなったら困るだろ? 
だから力いっぱい集めるんだ。それを食べきらないまま
冬が明けるから食べないだけで……決して忘れてるわけじゃない!」
 が。その言葉は人の耳には聞こえなかった。


テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/704-bfb8ad7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。