文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 060

●努力の価値

「ねえ、お父さん、見ないの? 優勝決まったよ~」
 歓声があがるテレビの前でお父さんに声をかける。

 返ってくるのはいつも同じ。
「ふん、なにが仏ボールだ。くだらない。
あんなのほくろがあるだけのやつらのお遊びじゃないか」
 すねたように言うのがちょっとかわいい。

「遊びじゃないよ。あんなになるのに
いっぱい努力してるんだよ」
「努力するのなんてあたりまえだ。
それよりも、結果が出せるなら努力なんてしなくたっていい。
最後の一線を分けるのは運だ、運。
運さえあれば、おれだって今
テレビに映ってたかもしれないんだぞ」
 うそぶくお父さん。

「はーいはい。そしたらわたしは有名人の娘。
お手伝いさんでも雇って、
晩ごはんの用意なんてしなくてよくなってたかもね」
 適当な食後の会話の向こう、
テレビの中では今日のMVPがインタビューを受けていた。
アップになる、眉間の大きなほくろ。

『いまのお気持ちは?』訊ねる人に、「うれしいです」。
『球団一の努力家と評判ですよね』。と言われると、
「努力なんてだれだってします。
それが結果になったのは、運がよかっただけです」
『またまた、謙虚ですね』
「……って、口癖のように言っていた
先輩の受け売りですけどね。
でも、自分は努力も才能もあの人には適いません。
朝から晩まで努力して実力もあった秀才肌。
ただ、事故でほくろをなくした――」

 ぶつん。

 真ん中に光の点を残してテレビが消える。
「えっ?」
 気づいて、見ると。
お父さんは背中を向けて、
新聞に目を落とすように座っていた。

テーマ:超短編小説 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/71-6fa6bdd2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。