文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 681

●それが上司の歩む道

 地雷を処理せよ、と上官が言いました。
 まっすぐ続く細い道。横は底なし沼で通れません。
「この道に地雷がある。なに、踏んでもだいじょうぶだ。
踏み込んだら起爆装置が起動するが、足を上げない限りは爆発しない」
 そしてなぜかわたしから靴をとりあげて、素足で道に立たせます。
顔には目隠し。横に落ちないためには足で道を探さなくてはいけません。

「ほら、進め」
 わたしの背中を小突き、
進むわたしの後ろから上官たちはついてくるようです。
 悲しさに唇を噛み、足を進めます。
 ――ガチリ。
 足元がへこみ、機械的な音。
 ああ、これが……。もう足はあげられません。
 だれか、助け――
 どん。
 爆発。わたしの肉が飛び散り、爆弾の破片が体に刺さります。
「ばかが!」
 後ろで吐き捨てるような声。
「踏んだら爆発するって言っただろう」
「なに踏んでんだ」
「火の粉がこっちにまで降ってきやがった」
 意識はほとんどなかったけれど、わたしはすこし、泣いたのでした。

テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/710-f9c9eed8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。