文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 717

●手品

 よその街から流れてきた ぱっと見さえないそいつは、
手品で何年もつかまっていたのだという。
 そのうわさを聞いたおれたちは
帰り道のそいつに近づき、話しかけた。
「なあ、あんた、聞いたよ。何年も捕まえられるほどの
すごい手品を使えるんだって? なにやったんだ? 聞かせてくれよ」
 すると悲しい顔で首を振り、
「逆だよ、逆」
 一つため息をついて、そいつは語った。
「おれが小麦粉を運んでたと思いねえ。
それも袋がやぶれたから別のものに入れ替えてたと。
そこにふと役人がやってきて、おれを止めたんだ。
おれがよからぬ薬を運んでいると。
……ばかばかしい、ただの小麦粉だぞ? 
だから言ってやった。好きなだけ調べろと」
 そして二つめのため息。
「だがな、役人が検査の薬を小麦粉にかけたときだよ」

テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/746-cf62118e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。