文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 746

●愛の人

 今期からの新人教師のクラスでいじめが発覚し、
彼女が対処するのを見守ることになった。
 職員室に呼び出した一人がやってくると、
彼女は座ったままこどもの方へ向き、目を合わせる。
「どうして呼び出したか、わかるよね?」
 神妙な顔でうなづく児童。
 彼女はなにかを言いかけ……何も言えないまま、
その瞳から涙をこぼした。
 ぬぐってもぬぐっても涙は止まることはなく、
「ごめんね。今は戻ってて」
 それだけをなんとか口に出すと、そのまま泣き続けてしまう。

 わたしはそばに寄り、声をかけた。
「だいじょうぶですか?」
「すいません」
 うつむいてハンカチを目元にあてたまま。
「どうしたんです?」
 さらに訊ねると、
「あの子……すごくいい子なんですよ」
 くぐもった声が返ってくる。
「授業中だって、騒いでる子がいればいさめてくれるし、
本人だって勉強も一生懸命だし、
クラスの役員だってやってくれるのに。
あの子がいると、まわりに筋が通るような、雰囲気のある子なのに。
なのになんでいじめなんかしなきゃいけないかと思ったら……
なんだかすごく、悔しくて」
 またこみ上げるのか、声が揺れる。
「見てるつもりになってたのにそんなのにも気付かないなんて。
わたし、教師失格ですね」
「そうですかね」
 思わず言っていた。
 他の先生や親御さんたちはいじめに気付かなかったと責めた。
でも、気付かなかったのではなく、
見えなかったのではなかったんだろうか。
だれだって好きな相手の欠点には気付きにくいものだ。
「先生は、そのままでもいいのかもしれませんよ」
 きっと彼女は――こどもを愛していたから、見えなかっただけなんだ。
 それはすこし悔しく、そしてすこしだけ、うらやましかった。

テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/774-21146f4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。