文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 749

●身の丈

 会社の人に誘われて、おしゃれをしてレストランで食事。
 入ったこともないようなそこは薄暗く、
多分雰囲気があるとかそんな形容をされるような場所だった。
 もっと明るければいいのになあ、
こんなに暗いとなに食べてるかもわからないのにと思いながらも、
運ばれてきたものを口に運ぶ。
 ……と。
「ちょっと、シェフを呼んでくれる?」
 不機嫌そうな声で向かいの彼は言った。
 なんだろう?
 食べながら見ていると、やってきたコックさんに。
「この肉の焼き方はなに? 火が通り過ぎて硬くなりすぎだ。
魚のソースもいつものとは違うし、アスパラの鮮度は確かめた? 
ワインも本当に頼んだもの? どうも味に深みがないし、
年度が違うんじゃないかな」
 そんなことをつらつらと言っていた。
「ごめんね、不愉快にさせて。
普段はちゃんとおいしいものを出すお店なんだけど」
 コックさんが頭を下げて戻っていくと、わたしに言った。
 あなたが何も言わなければ
わたしは気持ちよく食べられたのに。
そんなことも気付かないほどこのお料理に対してかっと来た?
 こんなにおいしいのにおいしく食べられないなんて、
ほんとのおいしさを知ってる人っていうのも、
あんがい不幸せなのかもなあとわたしは思った。

テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/777-1908f7a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。