文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 752

●暗黒領域

 夏の暑い日。友達と待ち合わせて街へと向けて電車に乗り込む。
「なんかずいぶん暑そうだけど。電車寒い?」
 はおったシャツの長袖を伸ばしているわたしに。
「んーん、暑いよ」
「じゃあ、なんで長袖?」
「ああいうの」
 わたしは目でそこらにいるタンクトップ男を示し、
「腕を下ろしててもはみ出る腋毛。
そばにいるときにつり革につかまるとあれが目の前に花開くんだよ? 
電車が揺れたらむわっとしてじめっとした、
くっさいのが顔に直接……!」
 想像するだけで思わず身震い。

「もし腕で顔にあたるのを防いだって、
生腕だったら肌どうしがくっつくのに。
そうでなくたって混んでくれば汗まみれ、毛まみれの腕がぶつかるのに」
「じゃあ、下だけでも涼しくすればいいんじゃない?」
「下!?」
 思わず周りを見回す目には、毛ずねをむき出しにした足が何本も。
「見てよ、あの生い茂ったすね毛を。
そばに立たれるだけでいつあれが
自分の足にあたるかと思って気が気じゃないよ」
 考えていたら腕にぞわぞわと鳥肌が立ってきた。
「個人的に……どうしてあんな暗黒領域を
見せびらかす格好ができるかのほうが非常に疑問なんだけど」

テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/781-b65c9055
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。