文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 790

●すてきなうそ

 どうしても会いたくなって、駅まで行って仕事帰りの友達を待った。
 どれだけの時間か、ぼんやり眺め続けた人の中から
懐かしい顔がわたしに向く。
「どうしたの? めずらしいね」
 近づいてくる友達に思わず抱きつくと、
やわらかなにおいがわたしを満たす。
「いいにおい」
 ぎくっと体を硬くした友達はわたしをはねのけようとする。
「やっ、やだ。今あせっぽいよ」
 でもわたしは鼻をうずめる。
「いいにおい。あったかーい。やわらかい……」
 ほおずりするわたしにあきらめたような息をこぼし、
「どうしたの? ……なんのにおい?」
「お葬式行ってきた」
 ぴくっとゆれる筋肉。生きている体が雄弁に心を語る。
「おじいちゃんが……すごく、怖かった。それに、すごく臭かった……」
「しょうがないよ、しょうがない」
 わたしの頭をなでる手。
「ね」
「うん?」
「死んじゃ、やだよ」
 ふっと息をもらすと、
「だいじょうぶ、死なないよ」
 わたしの頭に頬を重ねた。

テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/818-08fd5fbc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。