文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 797

●魂の場所

 火葬場の控え室で呼ばれるのを待っている間、
お年を召した親戚たちは次に誰が死ぬか、という話題で
一種異様な盛り上がりを見せていた。

「順番から言ったらおれだな」
 くぐもった声のおじいさん。
「あいつにさびしい思いをさせるわけにもいかんし、
長男として早く行ってやらにゃ」
 冗談めかしてはいるけれど、冗談ではないようだった。
 それは死への怒りでもあり、悲しみでもあり、
都合も思惑もお構いなしに翻弄される
生への諦めでもあるのだろう。

「いいんですよ。父はきっと、
先に行ったわたしのきょうだいたちと一緒に暮らしてますから」
 母の言葉に、亡き祖父を思う。
 親子で一緒に過ごしていて、
そこにきょうだいが来たらどうするのだろう?
 家族とそのまま一緒にいるのだろうか、
それとも一緒にいるために来たきょうだいと過ごすのだろうか。

 そっと耳打ちしてみると、
「向こうなら、きっとそんなの関係ないのよ」
 母は言い、わたしはただ、幸せであればいいなと、祖父を想った。

テーマ:小説 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/82-f22f956e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。