文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 802

●独自性

 遊びに行った友達の家、ぼちぼち書き溜めているという
彼女のショートショートを読んでいると、
「最近行き詰って来ててさぁ」
 向かいでぐんにゃりとテーブルに寄りかかりながら口を開いた。
「なんか書いてて、他人が読んでおもしろいのかも
ぜんぜんわかんなくなったし、書いてるものもほんとに
ショートショートなのかもわかんなくなってきた」
「そうなの? わたしは結構好きだけどなあ」
「ありがと。でも、もっとこう……独自性、みたいなのが欲しいなあ」
「へええ?」
 それから授業中に居眠りするみたいに
テーブルに頭を乗せたまま動かなくなる友達。
 そこで目を移して続きを読み出すと、しばらくしてから
何かに気付いた猫のようにぴくんと頭を立てて、言った。
「ツョートツョート、なんてどうかな?」

テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/830-86527a6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。