文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 810

●神にもすがる

 男が手にした紙袋から札束を取り出し、賽銭箱に入れていた。
 その様子に気付いた巫女がそばに寄り、
「なにかおありだったのですか?」
 訊ねると男は答えた。
「娘が病気で、手術が必要になりましてね」
「ああ! では、良くなられたのですね」
 ほっとした声に、
「いや」
 男は紙袋を置くと、横にある一抱えもあるような箱を開ける。
「すぐにでも手術しなきゃならないんだが、お金が足りなくてね。
あちこちに頭も下げたし、家も売った」
 箱の中身を掴んでは賽銭箱に入れていく男。
彼女は、その中身がすべてお金だと知った。
「まっ、待ってください。ではそんなにお金を入れてしまっては
手術できなくなってしまいますよ」
 だが男は顔色も変えず、ただ、手を動かし続けた。
「あったって手術なんてできないんですよ。
こんなに金があったって、たったの半分。
ほんのすこしでも足りなければごみとおんなじ。
手術するわけにはいかないんだとさ」
 男の手がいくぶん乱暴になっていく。
「なにがごみだ! どんなにして集めたと思ってる。
この金がなければ入院費も、わたしたちの生活費も払えない。
わたしたちの命も同じなのに!」
 頬に涙を伝わらせ、食いちぎるように男は言った。
「だから、もう、これしかない。神でも仏でもいい。
足りないなら命だろうがなんだろうが全部やる! 
だから……あの子を、生かしてやって欲しいんだ……!」

テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/837-ce836976
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。