文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 812

●焼死もしくは調理

 昔から、田舎で学校の先生になるのが夢だった。
 実際になってみると思っていたのとは違う部分もあったけれど、
少ない生徒に広い敷地、きれいな景色だけで充分すぎるほど。
 そんなある日、教え子の家で火事騒ぎがあったというので
あわてて様子を見に行くと、燃えたというのは家畜小屋。
 すこしほっとしながら見る焼け焦げた建物の残骸からは
掘り出された動物の遺骸が運ばれてくる。
「あんなにこんがり焼けちゃって……」
 横のおばあさんのしみじみとした声に、
「ぶっ」
 わたしの鼻から噴き出すしぶき。
 運ばれていくのは豚だった。
 ――あれは焼死した豚の死体? それとも豚の丸焼き?
 顔は平静を装いながら、わたしは鼻水をじゅるりとぬぐった。

テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/840-c3bac985
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。