文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 824

●一歩

 今日はぐずついた天気だったけど、
いつものように彼と街に出てぶらぶらとお店を冷やかした後、
うちに来て一緒に食事。
 何を話したかなんてわからないくらいの話に笑い合って、
彼が時計を見ると楽しい時間は終わり。
「じゃあ、帰るよ」
 立ち上がる彼を見上げて、
「あ、うん……」
 急にぎこちなくなる空気。
 こどもじゃないんだし、もう少しくらいゆっくりしていけばいいのに。
 玄関に向かう彼、すぐ後ろにわたし。
 靴を履くと振り返り、
「じゃあ、また」
「うん……」
 扉を開けて彼が出て行く。
「うわ」
 ざらざらと音をたてて打ちつける雨、
家の中へ押し込んでくるような強い風。
「台風、来たんだね」
 わたしの言葉に振り返り、目と目があった。
 なにも言えずに、数秒。
「あ、じゃ……」
「ねえ」
 彼の声を覆うようにわたしは声を出す。
「おさまるまで」
 おさまらないかもしれないけど。
 ためらいそうになるこころを奮わせて続けた。
「――う、うちに、いれば?」

テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/851-4fc185a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。