文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 841

●どうせ口に入れば

 中年夫婦の二人が砂漠を歩いていた。
「あ~、あちいー。腹減ったー。水のみてー」
 ぶつぶつとつぶやきながら歩く男。
彼らの飛行機が墜落し、投げ出されてから何日かが過ぎていた。
「このままじゃ命にも響いてきそうだから、
ほんとはわたしの分だったけどこれを渡しておくね」
 女が取り出したのは、紙に包んだ塩と缶入りの水。
「おお!」
 ひったくるように自分の手の中にそれを収め、
男はさっそく缶の蓋を開けた。
「蒸留水にはなんの栄養分もないんだから、
ちゃんと塩も取らないと汗かいて死ぬからね」
「わかってるよ」
 男は塩を缶に注ぐと、よく振って一口すすった。
「塩辛い」
「当然でしょ」
 彼女は舌先で塩をつつき、飲み込んでから水を含む。
「ああ、おいしい!」
 幸せそうに目を細める。
「よけい喉かわかないか?」
 その言葉に笑みを浮かべると、
「乾かないよ。塩水飲んでるわけじゃないからね」
「なにか違うのか?」
「もちろん。海から上がってそのままならひりひりするけど、
水を浴びたらさっぱりするでしょ? それが、今ののど」
「なんで教えてくれなかったんだよ」
 彼女は飛び切りの笑みを浮かべた。
「ずーっと言ってたよねえ? ごはんを食べるとき、
なんでも混ぜて食べるのはやめてって。
そのときあなたが言ってた言葉、覚えてる?」

テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/871-0a64bd4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。