文繰文庫 ショートショート ブログ版

フミクリフミクラはショートショートのはっちゃけ文庫。文部科学雀の朝十(朝の十分読書習慣)運動を応援しています

2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート 857

●食事の王子様

 ずっと世間とは隔離されて育ったとある国の王子様。
 資金援助を求められて訪問した国で、
親しいお供だけを連れてそっと街へと抜け出しました。
「ああ、顔も知られていないこの国なら庶民の暮らしが味わえるぞ!」
 街を歩き、お店を冷やかし。そして見つけた安い食堂に入ります。
「いらっしゃいませー! なんめいさまですか?」
 看板娘の明るい声につられるように、王子様は答えました。
「そうだが?」
 瞬間、張り詰める空気。

 ――な・なぜわたしの名を? 
この国では隅々までわたしを知っているというのか?
 王子、ナン=メイは驚愕しながらも感心します。
 ――何人かって訊いて、『そうだ』ってなに? 
何人席に案内すればいいの?
 食堂の看板娘はいつもと違う返事におでこの汗を拭います。
 お互い変な顔をしながら、しばらく見詰め合う二人なのでした。

テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumikurifumikura.blog73.fc2.com/tb.php/887-d026e14e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

甘音(あまね)

Author:甘音(あまね)
めざせショートショート1050本!
いつだって全力疾走なのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。